株式会社サイトウ製作所

株式会社サイトウ製作所
ATOMのサイトウ製作所は、超硬精密切削工具の製造販売メーカーです。

代表挨拶・経営理念 president

株式会社サイトウ製作所 > 企業情報 > 代表挨拶・経営理念

代表挨拶

代表取締役

弊社は1934年の創業以来、切削工具の製造販売をしてまいりました。切削工具とはあまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、皆様がお使いの携帯電話やパソコン、また、自動車の製造の一端を担っており、生活と切り離せないものです。
今後も、地球にやさしい環境作りを目指す低排出ガス車やエコカー、さらには先端医療機器の発展など、私達の未来を影から支える技術力を提供し続けていきます。


代表取締役 齋藤智義

面倒を価値に変える物づくり


「使う身になって造れ」

これは、創業以来の弊社の社是で、常に考え方の根底にあるものです。
弊社は1934年、金切鋸刃(金属を切るのこぎりの刃)の製造販売会社としてスタートいたしました。時代は戦前から戦後、さらに自動車にパソコン、携帯電話の普及と便利な世へと変わり、日本の産業も著しく発展しました。その流れの中、弊社も金切鋸刃から切削工具の基礎である精密超硬バイトへ、1955年にはより精密な加工に携われる超硬工具全般に、そして1990年代には現在の主力商品である小径ドリルの製造へと、共に成長してまいりました。また、手動機械から数値制御された自動機へと変わり、製品の精度も生産率も飛躍的に向上しております。現在、弊社のドリルは、半導体、自動車、化学繊維を作る機械、筆記用具、医療機器、通信機器など、多岐にわたる分野の精密加工に使われております。
時代は変わり、人々の価値や求めることも変化していく―――
しかし、弊社の物づくりの根底にあるものはいつの時代も変わりません。それが、「使う身になって造れ」の精神なのです。

「面倒を価値に変える物づくり」

効率化された大量生産大量消費型の現在のスタイルは、便利で快適な生活を実現しています。ですが、必要な量以上の物が溢れ、結果として破棄されているのも事実です。また、本当に欲しい物がないという声もあります。低価格で手に入りやすいことも確かに必要なことですが、他にも必要なニーズもあるのではないかと思うのです。
新たな価値観の創造への挑戦、それが弊社のもうひとつのコンセプトである「面倒を価値に変える物づくり」です。大量生産大量消費の中で簡略化された手間や考えることを「面倒な物・事」とせず、これらを唯一無二の「価値」へと変えていきたいと思っています。

昨今、日本の物づくりは力の低下だけではなく、日本ではそれ自体が成り立たなくなるだろうという話を耳にします。しかし、それは現在の枠組みの中で、ではないでしょうか?。面倒を価値にする過程で必要なことは、きめ細かい配慮や思いやり、そして組織力という、日本が持っている世界でも比類なき資質です。また、高い技術力と溢れる向上心も日本にはあります。この実現は、「Made in Japan」でこそ出来ると信じています。

お客様のニーズに人間味と技術力で応え、そして必要な量を的確に供給していく―――そして、限りある資源やエネルギーを大切に使い、地球の温暖化や環境破壊を防ぐことへと繋げたいと思っております。

弊社はこれからも、創業からの「使う身になって造れ」と、新コンセプトの「面倒を価値に変える物づくり」の実現に邁進し、世の中を豊かに、そして地球に優しい物づくりの会社として社会に貢献してまいりたいと思います。

pagetop