株式会社サイトウ製作所

株式会社サイトウ製作所
ATOMのサイトウ製作所は、超硬精密切削工具の製造販売メーカーです。

超硬ドリル hard_drill

超硬ドリル

超硬ドリルとは

ドリルとは、⽳あけ加⼯を⾏うための切削⼯具であり、最低でも、先端切れ刃・溝・シャンク(掴み部)で構成される。広義では、刃の数が何枚だろうと・溝がまっすぐだろうとドリルではあるが、⼀般的に⼯業の分野で「ドリル」というと2枚刃でスパイラルの溝を持つスタンダードな形状の事をさす。

超硬(cemented carbide)とは、名前の通り非常に硬い合⾦の事で、硬質の⾦属炭化物の粉末を焼結して作られる合⾦である。特徴としては、硬さがHRAで90前後にもなり、強度も⾼く、ヤング率は鉄の約3倍、⽐重は鉄の約2倍ほどにもなる。

主な使⽤分野

自動車:インジェクション・ピストン、半導体:プローブ・シャワープレート、弱電:コネクタ・シャフト、繊維:ノズル、文具:ボールペン、金型:打ち抜き(ダイ)など

ATOMシリーズ「超硬ドリル」の特長

最小径Φ0.02

日本人の髪の毛の太さは平均で0.08mm、当社ではその1/4というΦ0.02の超硬スパイラルドリルから標準でラインアップ

0.01mmトビでラインアップ

ルーマドリルはΦ0.02からΦ3まで、ストレートドリルではΦ0.3からΦ6まで、外径0.01mmトビで製品ラインアップ

幅広い加工に対応

各種被削材に対応したシリーズや、非鉄・樹脂の抜けバリ抑制、小径の位置決め専用など、幅広い加工に対応した製品ラインアップ

ピックアップ製品

ピックアップ製品

ルーマ型ドリル

精密穴加工用ドリル

ピックアップ製品

ストレートシャンクドリル

ストレートシャンクドリル

ピックアップ製品

NCポインティングドリル

ガイド穴専用ドリル

ピックアップ製品

スイープカットドリル

小径ローソク型ドリル

お問い合わせ
一般のお問い合わせや、
製品に関するお問い合わせなどお気軽にどうぞ
pagetop